*ミドリムシの成分に大腸がん抑制効果の可能性
ミドリムシはダイエットに効果的なだけでなく、健康に有益な様々な成分が含まれています。
今回、ミドリムシに含まれる成分に大腸がん抑制効果が期待できるという研究結果が報告されました。

以下健康メディア.comより抜粋

ユーグレナ社はミドリムシ原料に含まれる成分に大腸がん抑制効果が期待できることを確認した。
ミドリムシ(ユーグレナ)に含まれるパラミロン、アモルファスパラミロンを2 %混ぜた餌を、大腸がんを誘発する物質を投与したマウスに与え、11週間飼育。11週目に解剖して大腸の細胞を調べ、異常細胞の数を観察した結果、ミドリムシ投与群では異常細胞の数が減少。
パラミロン・アモルファスパラミロン投与群では統計学的に有意に減少、パラミロンが大腸がんを抑制する可能性が示された。


パラミロンは以前にこのブログで説明しましたが、ミドリムシに含まれる成分でコレステロールや脂肪を吸着し体外へ排出する作用を持ちます。また腸を刺激することで排出を促し、便秘の解消や腸内の有害物質を外に出す効果もあります。

ミドリムシはダイエットに効果的ですが、それに加えて大腸がんの抑制もできるならすばらしいことですね。まだ大腸がん抑制効果は断定はできませんが、大腸の健康に寄与するのは間違いないようです。これからの研究に期待です。

また乳酸菌にも大腸がんの予防効果があると言われているの、同時に摂取するとよいでしょう。
詳しくは関連記事*ミドリムシと乳酸菌を参照下さい。

↓ミドリムシ(ユーグレナ)に乳酸菌をプラスしたサプリ
ミドリムシ+乳酸菌『ミドリムシファイン』
↓ミドリムシ(ユーグレナ)サプリの代表的なもの
東京大学開発サプリ『バイオザイム』