*基礎代謝の量は季節や温度で変化する
当たり前ですが夏は暑く、冬は寒いです。
ダイエットにはどちらの季節が適しているのでしょうか?

人間は体温を一定に保つために身体で熱を作るときにエネルギー(カロリー)を消費します。ですから周囲の気温が寒い冬は、人間の身体は頑張って体温を維持しようとエネルギーをたくさん消費します。つまり基礎代謝が高くなるのです。
逆に夏は気温が高く暑いので、人間の身体は体温を保つためにそれほどエネルギーを消費しなくてすむので、その分基礎代謝量は低くなります。

つまり基礎代謝が高い冬の方が痩せやすく、基礎代謝が低い夏の方が痩せにくくなるというわけです。

夏は暑くて汗をかきますから痩せやすいと思っている方も多いようです。暑くて汗をかくことと、脂肪が減って痩せることはまた別物です。
暑い日に1リットルの汗をかいて、そのまま水分補給せずに体重計に乗れば、汗の分だけ体重が減ったように感じます。しかしこれは脂肪そのものが減ったわけではなく、一時的に体内の水分が減っただけなので、水分補給をすれば元に戻ってしまいます。

だからと言って『夏はダイエットに向いてない』というわけでもありません。夏は露出が多くなるのでダイエットしようという気持ちが高くなります。この気持ちがなによりダイエットに成功して痩せる秘訣です。冬はせっかく基礎代謝量が上がっても、寒さで活動量が下がる人が多いですし。

以上のように夏は冬よりも基礎代謝量が下がるので、食事に気をつけ、しっかり水分補給・ミネラル補給をしながら運動しましょう。ただ夏場の運動は大量に汗をかくので、恐ろしい脱水症状になりやすいです。夏場の運動時にはこまめな水分補給を心がけましょう。

↓脚痩せ、凸凹セルライトケアに
セルライトケア・ブラダーラックエキス+ウラジロガシ
↓ミドリムシにコエンザイムや乳酸菌をプラス
アンチエイジング+栄養補給『ミドリムシファイン』