*未来の痩せ薬になるかもしれない“レプチン”
自由自在に食欲や満腹感をコントロールできたら簡単にダイエットに成功できますよね。
そんな“夢の痩せ薬”と呼べるような物質は存在するのでしょうか?

実は食欲を抑制し、満腹感を与えてくれるホルモンが存在します。
しかも人間の脂肪細胞に。
このホルモンは『レプチン』と言います。このレプチンが脂肪細胞から出ることで、脳が満腹を感じ、食欲を抑えてくれます。

しかし肥満の人はここに問題があります。体脂肪が多いと、食事をして満腹ホルモンのレプチンが出ても、それに対する反応が鈍くなってしまうのです。その結果、満腹感を得られず、食欲が持続してしまいます。

体脂肪が増える⇒レプチンに対する反応が鈍くなる⇒さらに食欲抑えられず太る…このような悪循環を繰り返してしまいます。

これを防ぐために現在、レプチンやその受容体を自在にコントロールするための薬が研究されています。これが開発されたら、無理せず食欲を抑えことのできる“究極の痩せ薬・ダイエット薬”になるのですが。実用化はまだまだ先になりそうです。

ちなみに薬に頼らずにレプチンの働きを正常化し、食欲を抑える方法があります。それは『体脂肪を減らすこと』
痩せれば、レプチンの受容体も正常に反応するようになり、食べた後にちゃんと満腹感を得られるようになります。

まあ、簡単に痩せれるなら、痩せ薬もダイエットサプリも必要ないですし、それができないから体脂肪が増えるわけですから…もどかしいですね。

今のところ適度な食事制限と運動、そしてそれを助けるサプリなどを組み合わせて、地道にダイエットするのが確実ですね。
ちなみにこの記事で解説したようにミドリムシには余分な脂肪分を排出したり、体脂肪を減らしやすくする成分が含まれています。

↓健康的にできるミドリムシ(ユーグレナ)ダイエット用サプリ
東京大学開発ミドリムシサプリ『バイオザイム』
↓ミドリムシにコエンザイムや乳酸菌をプラスしたサプリ
アンチエイジングダイエット『ミドリムシエメラルド』