ミドリムシダイエット

口コミで評判のいいミドリムシダイエットサプリやユーグレナサプリで本当に痩せるのかを栄養成分やその作用から考察

様々なダイエット方法

胃は伸び縮みするの?胃を小さくするには

*胃は大きくなったり小さくなったりするの?
よく『ダイエットしたら胃が縮んであまり食べなくても平気になった』とか、『そんなに食べてると胃が大きくなるよ』とか言う話を聞きます。

本当に胃はそんな簡単に大きくなったり小さくなったり、伸び縮みするのでしょうか?

結論として胃は食生活によって大きくなったり小さくなったします。

胃の容積は大人で約1.5Lだと言われています。
しかし大量の食べ物を継続的に摂取していると、それに適応しようと胃は伸びて大きくなります。そうなると胃が小さかったときより満腹感が得にくくなり、さらに食べ過ぎてしまうという悪循環に陥ってしまいます。

逆に食べる量をいつもより減らして、継続的に粗食を心がけると、胃は小さく縮み、少しの量でも満足できるようになります。

胃の大きさが変わるのはその食生活を続けてから大体3ヶ月ほど
ダイエットでも食事を減らして3ヶ月くらい時間をかけ、ほどよいペースでゆっくりと落としていくと、胃が小さくなって、以前ほど食べなくても満腹感が得られる身体になります。リバウンドしにくいということですね。

逆に一度胃が小さくなっても、再びたくさん食べる食生活を続ければ、また胃は大きくなってしまいます。ダイエット後もたまにたくさん食べるくらいにして、日常では腹八分目の食生活を心がけましょう。

このように基本の食生活を見直した上で、『余分な油分を吸着・排出する効果のあるミドリムシ』や『脂肪分解作用のある乳酸菌』などの、ダイエットを助けてくれる補助食品を用いて、はじめて健康的で効果的に痩せることができるのです。

↓腸まで届く処方の乳酸菌とミドリムシを配合したサプリ
ミドリムシ+乳酸菌『ミドリムシエメラルド』
↓代表的なミドリムシ(ユーグレナ)サプリ
東京大学開発ミドリムシサプリ『バイオザイム』

アロニアのダイエット効果

*アロニアのダイエット&アンチエイジング効果
人は年齢を重ねるにつれ、脂肪の燃焼は低下し、思うようにダイエットが成功しにくくなります。

実際、『昔は食べ過ぎても数日食べる量を控えれば、すぐに元の体重に戻ったのに…。今はダイエットを頑張ってもなかなか痩せない…』という方も多くいらっしゃると思います。

そんな年齢とともにダイエットが難しくなってしまった方に嬉しい効果を持つ果実があります。

それが寒冷地で栽培される“アロニア”というブルーベリーによく似たバラ科の植物の実。


アロニアには脂肪を燃焼の指令を出す自律神経に働きかけ、
脂肪を熱に変えるために必要な“熱産生たんぱく質”を増やす効果があります。

この働きによって、加齢によって低下してしまった代謝を再びアップさせ、体脂肪の燃焼を促進します。

またアロニアには満腹感を持続させる効果もあります。
いつも空腹感に負けてダイエットに失敗してしまう方には嬉しい作用ですね。

個人的にはアロニアは脂肪燃焼効果よりも、その抗酸化作用の方が注目すべき点だと思います。抗酸化作用がある食べ物には、お肌や体の老化を防ぐ『アンチエイジング効果』があるのは皆さんご存知の通り。

アロニアはブルーベリーにとてもよく似た外見をしていますが、かなり渋みが強いので、そのまま食べるとむせるほど。なので別名“チョークベリー”。(チョークは英語で『むせる』や『窒息』などの意味)

とても渋い代わりに、ブルーベリーの2倍の抗酸化成分が含まれています。つまり肌や瞳の若さを保つと言われているブルーベリーよりも強力なアンチエイジング作用があるのです。

もちろん、アロニアもミドリムシサプリと同じで、『100%効果のある痩せ薬』でも『若返りの秘薬』でもありません。正しい食習慣・運動習慣が伴って、はじめてダイエットや美容に効果のあるものです。

アロニアやミドリムシのサプリで脂肪を減らそうと頑張っても、それ以上にたくさんのカロリーを摂ってしまっては意味が無いですから。

オルビス アロニアサプリ 30日分( 250mg×60粒 )

サプリメントはあくまで自分の努力をサポートしてくれるもの、
100の努力を120にしてくれるもだと心得ておきましょう。

↓健康的にできるミドリムシ(ユーグレナ)ダイエット用サプリ
東京大学開発ミドリムシサプリ『バイオザイム』
↓ミドリムシにコエンザイムや乳酸菌をプラスしたサプリ
アンチエイジングダイエット『ミドリムシエメラルド』

PR
バイオザイム
東京大学培養のサプリメント。ダイエットにもエイジングケアにも使える『バイオザイム』


ミドリムシエメラルド
相性のいい乳酸菌やコエンザイムをプラスしたサプリ『ミドリムシエメラルド』