ミドリムシダイエット

口コミで評判のいいミドリムシダイエットサプリやユーグレナサプリで本当に痩せるのかを栄養成分やその作用から考察

ダイエット

ダイエット時のタンパク質補給に羊肉

*ダイエット時のタンパク質補給には“羊肉”が最適
ダイエットでカロリーを制限すると、どうしてもタンパク質が不足した食事になりがちです。
タンパク質が不足すると、必要以上に筋肉が落ちてしまい、同時に基礎代謝も落ちるので、太りやすくリバウンドしやすい体質になってしまいます。

それを防ぐために適度な運動とタンパク質の摂取が必要なのですが、そのときに最適なお肉が“羊肉”なのです。

ダイエット時に最適な理由は『羊肉にはL体内の脂肪を燃焼させ、コルステロールを下げる働きをもつL-カルニチンが豊富に含まれている』から。

アミノ酸誘導体であるL-カルニチンは、身体の中で作られますが、人によってその量が違います。量が多い人は太りにくく、少ない人は太りやすいと言われています。また加齢によって作られる量が減ってしまいます。

そのため身体の外から食事によって摂取することが必要なのですが、ラム肉(1歳未満の子羊の肉)には豚肉の2倍、マトン(1~7歳の羊肉)には豚肉の5倍ものカルニチンが含まれており、お肉の中でも断トツに多く含まれています。

そもそも羊肉には牛肉や豚肉に比べて脂肪分が極めて少なく、しかもその脂肪は体内で吸収されにくいのです。
また羊肉にはコレステロールを下げる不飽和脂肪酸も多く含まれるので、大変ヘルシーで、ダイエット時のタンパク質補給、カルニチン補給に最適なお肉と言えます。
燃焼系に欠かせないL-カルチニン配合のサプリメント

牛肉や豚肉に比べてあまり馴染みがないお肉かもしれませんが、ダイエットのときだけでも、積極的に食事に取り入れてみてはいかがでしょうか?

↓腸まで届く処方の乳酸菌とミドリムシを配合したサプリ
ミドリムシ+乳酸菌『ミドリムシエメラルド』
↓代表的なミドリムシ(ユーグレナ)サプリ
東京大学開発ミドリムシサプリ『バイオザイム』

歯磨きで食欲を抑える

*小腹が空いたときは歯を磨くと食欲を抑えられる
前回の記事で、『リステリン等のマウスケア用品で口をゆすぐと、舌にある味を感じる部分を痺れさせ、食欲が抑えられる』ということを書きました。

これと似たようなことなのですが、最近小腹が空いたときには歯を磨くと我慢できることに気づきました。

全くご飯を食べてなくてものすごく空腹のときはあまり効果ないですが、『なんとなく小腹が空いたのでお菓子でも食べたいなぁ』というときにはすごく効果的。
それほどお腹が空いてないのに、口寂しくてついつい間食をしてしまうという方には是非試して欲しいです。

特に夜遅い時間帯は『食べたらまた歯を磨かないといけない』と思うと、面倒くさいのもあって、我慢しようと思えますし。

個人的にクール感の強い歯磨き粉の方が食欲を抑える効果が高い気がします。

話は変わりますが、サークルKサンクスでミドリムシ(ユーグレナ)の入った食品が次々に発売されるようですね。ミドリムシ入りのフルーツロールや豆乳飲料、ヨーグルト等など。
特にミドリムシと乳酸菌は相性がいいので、ミドリムシ入りのヨーグルトがおススメ。

ただ、気をつけて欲しいのは、いくらミドリム(ユーグレナ)の成分が入っているからと言っても、これらを食べ過ぎてカロリーオーバーになってしまってはダイエットどころか逆に太ってしまいます。
(一般的なものよりも栄養バランスは高くなりますが)

基本の食生活を見直したうえで、ミドリムシサプリのようなダイエットを助けてくれる補助食品を用いることで、健康的で効果的に痩せることができるのです。

↓腸まで届く処方の乳酸菌とミドリムシを配合したサプリ
ミドリムシ+乳酸菌『ミドリムシエメラルド』
↓代表的なミドリムシ(ユーグレナ)サプリ
東京大学開発ミドリムシサプリ『バイオザイム』
PR
バイオザイム
東京大学培養のサプリメント。ダイエットにもエイジングケアにも使える『バイオザイム』


ミドリムシエメラルド
相性のいい乳酸菌やコエンザイムをプラスしたサプリ『ミドリムシエメラルド』