ミドリムシダイエット

口コミで評判のいいミドリムシダイエットサプリやユーグレナサプリで本当に痩せるのかを栄養成分やその作用から考察

パラミロン

基礎化粧品に応用されるミドリムシ

*ミドリムシに含まれるパラミロンが保湿成分に
ミドリムシ(ユーグレナ)に含まれるダイエット効果のある成分
“パラミロン”。
この成分については以前説明しましたが、実はこのパラミロン、ダイエットだけでなく、お肌を綺麗に保ってくれるスキンケア用品の材料にもなるのです。

パラミロンは、熱に強く、安定性が非常に優れています。このパラミロンを水系の化粧品にも配合しやすいように加工した高純度カルボキシメチルβ-1,3-グルカンという物質があります。

最近の研究でこのパラミロンを加工した物質を、お肌の保湿剤として有名なヒアルロン酸と比較してみたら、同程度の高い保湿性があることがわかりました。

さらにこのパラミロンから作り出した保湿成分は、濃縮してもさっぱりとしたベタつきの少ない感触なのです。これは他の高分子保湿剤にはみられない特徴。

高保湿の化粧水や美容液はどうしてもべたつきが気になります。しかしこのミドリムシ由来の成分から作った保湿剤は、しっかりとお肌を保湿してくれ、しかもべたつかないという優れもの。

以前ミドリムシエキス配合のシートパックを紹介しましたが、今後益々ミドリムシ(ユーグレナ)が化粧品にも活用されることでしょう。


↓ダイエット時に役立つバランスよい栄養を含んだミドリムシサプリ
東京大学開発ミドリムシサプリ『バイオザイム』
↓ミドリムシにコエンザイムや乳酸菌をプラス
アンチエイジング+栄養補給『ミドリムシファイン』

ミドリムシの栄養成分

*ミドリムシに含まれている栄養成分
ミドリムシ(ユーグレナ)には先にあげたパラミロン・クロロフィル以外に、ビタミンA・B・群C、銅・マグネシウム・カルシウム等のミネラル、人間に必要な必須アミノ酸の全て等、59種類の栄養素がバランス良く含まれています。

ダイエットで食事制限をしていると、どうしても栄養バランスがくずれて肌が荒れたり、髪が抜けやすくなってしまう。ひどいときには骨密度の低下を招いてしまうことも。

さらに食事制限でたんぱく質(アミノ酸)が不足すると、すでにある筋肉を分解してしまい、結果として基礎代謝が下がり、リバウンドしやすい体になってしまうこともあります。これではダイエットの意味がありません。

そういうことを考えると、余分な脂肪の排出を助け、ダイエット中に不足しやすい微量栄養素をバランス良く保持するミドリムシサプリをダイエットに活用するのは理にかなっています。

また青魚などに多く含まれ、痴呆症予防や記憶力がよくなる栄養として一時期話題になったDHAやEPAもミドリムシには含まれており、クロレラやモロヘイヤ、ケール(青汁)などと比べても非常に優れた栄養食品だということがわかります。

余談ですがミドリムシ(ユーグレナ)は光、水、栄養塩、二酸化炭素だけで人間が必要な栄養素をほぼ作り出すことができます。
現在、ミドリムシは栄養補助食品に利用されているが、近い将来、ミドリムシが食糧危機を救うかもしれませんね。

↓ミドリムシ(ユーグレナ)ダイエットサプリの代表的なもの
東京大学開発ミドリムシサプリ『バイオザイム』
↓ミドリムシにコエンザイムや乳酸菌をプラス
アンチエイジングダイエット『ミドリムシエメラルド』
PR
バイオザイム
東京大学培養のサプリメント。ダイエットにもエイジングケアにも使える『バイオザイム』


ミドリムシエメラルド
相性のいい乳酸菌やコエンザイムをプラスしたサプリ『ミドリムシエメラルド』