*メソセラピー(脂肪溶解注射)の効果と感想
前回書いたように、わき腹のくびれ部分にメソセラピー(脂肪溶解注射)をしました。
しかしメソセラピーの一回目では脂肪が減っているかどうか全く分かりませんでした。一回で分かったらこれほど嬉しいことはないんだけど、そう簡単に効果はでないようです。
その後10日間~2週間ごとにメソセラピーの注射を打ちに美容外科へ通うことに。

1クール5回目が終わってのメソセラピーの効果は…はっきり言ってほとんど分かりませんでした。わずかに細くなっているのかもしれませんが実感できる効果はなし。

2クール10回目が終わったときの効果は…う~ん効果でてるような気もするけど微妙。『少しは細くなってるかも』程度の本当に微妙な効果。

もう少しメソセラピーを続けたらもっと効果が分かったかもしれませんが、わき腹は2クール10回で諦めて、今度は二の腕にメソセラピーをすることに。
すると二の腕は5回で少し細くなったのが分かりました。やはり広い範囲よりもごく狭い範囲に打つ方が効果が分かりやすいようです。まあこれも若干であって、5回ではがっつり細くなるというわけではないです。

メソセラピーの変化は長い期間をかけて少しずつ、ホント少しずつ細くなるので、小まめにチェックしてないと分かりにくいです。

また体質的に内出血が残りやすい方は注射したところが気になるかもしれません。メソセラピーは定期的に同じ部位に注射をするので、内出血が治りにくい人だと常にその部分が変色していることになります。二の腕などをする場合は長袖を着る季節にした方がいいと思います。

結論としてメソセラピーは広範囲にするのではなく、下膨れになったフェイスラインや二の腕等のごく狭い範囲の脂肪を減らしてボディメイキングするためのものだと思いました。
『メソセラピーはごく狭い範囲の部分やせには効果がある。
しかし広い範囲の部分痩せには効率的ではない』

といったところでしょうか。

2000人以上を治療した催眠心理療法士が導き出したダイエット法