ミドリムシダイエット

口コミで評判のいいミドリムシダイエットサプリやユーグレナサプリで本当に痩せるのかを栄養成分やその作用から考察

食欲を抑える

歯磨きで食欲を抑える

*小腹が空いたときは歯を磨くと食欲を抑えられる
前回の記事で、『リステリン等のマウスケア用品で口をゆすぐと、舌にある味を感じる部分を痺れさせ、食欲が抑えられる』ということを書きました。

これと似たようなことなのですが、最近小腹が空いたときには歯を磨くと我慢できることに気づきました。

全くご飯を食べてなくてものすごく空腹のときはあまり効果ないですが、『なんとなく小腹が空いたのでお菓子でも食べたいなぁ』というときにはすごく効果的。
それほどお腹が空いてないのに、口寂しくてついつい間食をしてしまうという方には是非試して欲しいです。

特に夜遅い時間帯は『食べたらまた歯を磨かないといけない』と思うと、面倒くさいのもあって、我慢しようと思えますし。

個人的にクール感の強い歯磨き粉の方が食欲を抑える効果が高い気がします。

話は変わりますが、サークルKサンクスでミドリムシ(ユーグレナ)の入った食品が次々に発売されるようですね。ミドリムシ入りのフルーツロールや豆乳飲料、ヨーグルト等など。
特にミドリムシと乳酸菌は相性がいいので、ミドリムシ入りのヨーグルトがおススメ。

ただ、気をつけて欲しいのは、いくらミドリム(ユーグレナ)の成分が入っているからと言っても、これらを食べ過ぎてカロリーオーバーになってしまってはダイエットどころか逆に太ってしまいます。
(一般的なものよりも栄養バランスは高くなりますが)

基本の食生活を見直したうえで、ミドリムシサプリのようなダイエットを助けてくれる補助食品を用いることで、健康的で効果的に痩せることができるのです。

↓腸まで届く処方の乳酸菌とミドリムシを配合したサプリ
ミドリムシ+乳酸菌『ミドリムシエメラルド』
↓代表的なミドリムシ(ユーグレナ)サプリ
東京大学開発ミドリムシサプリ『バイオザイム』

究極の痩せ薬になる!?レプチンとは

*未来の痩せ薬になるかもしれない“レプチン”
自由自在に食欲や満腹感をコントロールできたら簡単にダイエットに成功できますよね。
そんな“夢の痩せ薬”と呼べるような物質は存在するのでしょうか?

実は食欲を抑制し、満腹感を与えてくれるホルモンが存在します。
しかも人間の脂肪細胞に。
このホルモンは『レプチン』と言います。このレプチンが脂肪細胞から出ることで、脳が満腹を感じ、食欲を抑えてくれます。

しかし肥満の人はここに問題があります。体脂肪が多いと、食事をして満腹ホルモンのレプチンが出ても、それに対する反応が鈍くなってしまうのです。その結果、満腹感を得られず、食欲が持続してしまいます。

体脂肪が増える⇒レプチンに対する反応が鈍くなる⇒さらに食欲抑えられず太る…このような悪循環を繰り返してしまいます。

これを防ぐために現在、レプチンやその受容体を自在にコントロールするための薬が研究されています。これが開発されたら、無理せず食欲を抑えことのできる“究極の痩せ薬・ダイエット薬”になるのですが。実用化はまだまだ先になりそうです。

ちなみに薬に頼らずにレプチンの働きを正常化し、食欲を抑える方法があります。それは『体脂肪を減らすこと』
痩せれば、レプチンの受容体も正常に反応するようになり、食べた後にちゃんと満腹感を得られるようになります。

まあ、簡単に痩せれるなら、痩せ薬もダイエットサプリも必要ないですし、それができないから体脂肪が増えるわけですから…もどかしいですね。

今のところ適度な食事制限と運動、そしてそれを助けるサプリなどを組み合わせて、地道にダイエットするのが確実ですね。
ちなみにこの記事で解説したようにミドリムシには余分な脂肪分を排出したり、体脂肪を減らしやすくする成分が含まれています。

↓健康的にできるミドリムシ(ユーグレナ)ダイエット用サプリ
東京大学開発ミドリムシサプリ『バイオザイム』
↓ミドリムシにコエンザイムや乳酸菌をプラスしたサプリ
アンチエイジングダイエット『ミドリムシエメラルド』
PR
バイオザイム
東京大学培養のサプリメント。ダイエットにもエイジングケアにも使える『バイオザイム』


ミドリムシエメラルド
相性のいい乳酸菌やコエンザイムをプラスしたサプリ『ミドリムシエメラルド』